ロケ探専用番号
06-6947-7229

アルコールチェック

アルコールチェックサービスとは?

位置情報+アルコール検査を外出先、社内でも計測可能

アルコールチェック

位置情報ASPサービス「ロケ探」に「アルコールチェックサービス」を追加。離れた場所や外出先でもドライバーのアルコール計測ができます。いつ、どこで、誰がアルコールを計測し、計測値は正常かどうかをチェックでき、計測結果(位置情報・アルコール計測値・本人確認写真)を、「ロケ探」の管理者(事務所)へ送信します。
※「アルコールチェックサービス」をご利用には、「ロケ探」のご契約、ご利用が前提となります。

アルコールチェックサービス ロケ探管理画面

アルコールチェックサービス ロケ探管理画面

ロケ探の管理画面では、日時・住所・アルコール測定値が一目で確認でき、添付されている「写真」をクリックすると、ドライバーがアルコール計測時に撮影した写真を確認することも可能です。写真には、アルコール測定の「日時」と「アルコール測定値」も併せて表示されるので、写真をエビデンスとして保存しておくことができます。ドライバーから、アルコール計測の通知があった場合は、管理者画面に表示される「おしらせ通知画面」が点滅し、リアルタイムで確認することができます。

結果の出力

アルコールチェック 結果の出力画面

通知写真をエビデンスとして使用することも可能です。(ロケ探サーバーで履歴を過去3か月分保持。3か月を過ぎると自動的に削除されます。)データはCSVでの出力ができ、そのデータを他管理ソフト等への取り込みも可能です。また、位置履歴を一覧画面として、地図上での軌跡線表示として確認することができ、後からルート確認、行動確認を行うことも可能です。

ロケ探 アルコールチェックの構成機器・システム

ロケ探 アルコールチェックの構成機器・システム

上記機器、ロケ探が必要になります。
※1「ロケ探」の管理画面はInternet Explorerを利用します。
管理画面を利用するのにソフトのインストールの必要もありませんので、ご契約後、すぐにご利用頂けます。

アルコールチェック 検証済端末 ※2018年10月末時点
ガラホ(SPモードケータイ)
  • ドコモ:P-01J、SH-01J
  • au:GRATINA KYF37
スマートフォン(Android)
  • ドコモ:Xperia SO-03G
  • Softbank:DIGNO J 704KC
  • その他:Huawei p9 lite
※アルコールチェックの対応端末は順次検証予定ですが、記載のない端末についてはお問い合せください。

アルコール計測の方法

アルコール計測の方法

① アルコール検知器と携帯端末ガラホ(USBケーブル)、スマートフォン(通信ケーブル)USBケーブルで接続します。
② アルコール検知器へ息を吹きかけます。
③ アルコール計測と同時に、内蔵カメラで写真を撮影します。
④ 計測完了後、位置・計測値・写真をロケ探(管理者)へ送信します。

ご利用料金

項目 内容 価格
ロケ探利用料 初期導入費用
初期登録料金 ロケ探への端末機登録事務手数料 2,500円/台
端末設定料金 端末機の設定手数料(設定を自社で行う場合は不要) 500円/台
月額利用料
管理者用PCアクセスID ロケ探へPCからアクセスする際のID月額利用料 2,000円/ID毎
ロケ探ご利用プラン ロケ探を利用する端末の月額利用料 500円~/台
アルコールチェック利用料 アルコールチェックオプション アルコールチェックオプション利用料 500円/台
※アルコール検知器 EC-1000の本体費用が別途発生します。
※アルコール検知器 は定期メンテナンス費用が別途発生します。
※ガラホ端末を利用の場合、別途専用USB変換ケーブルの購入が必要となります。

製品に関するお問い合わせは

電話によるお問い合わせ

株式会社プロアシスト ロケ探グループ
受付時間:月~金 9:30~18:00
06-6947-7229

WEBからのお問い合わせ


PAGE TOP